“boy band”??!

先週、一番の話題といえば…SMAP解散か!?でしたね。

 

サミットハウスの先生とも、

「SMAP知ってる?」

「break-upに関する話でしょ。知ってるよ!BBCニュースにも出てたよ!」

なんておしゃべりしたり…

BBC(英国放送協会)ニュースでもSMAPの話題が取り上げられたなんてびっくりですね!

でも…SMAPって、boy band?? boy?? 年齢的にboy?って、先生が笑ってました☆

ぜひ実際のBBCニュース、読んでみてくださいね!

http://www.bbc.com/news/world-asia-35349617

西宮市城山のこども英会話 サミットハウス

 

Advertisements

除夜の鐘?蛍の光?

大晦日、新しい年に変わる頃に聴こえる音…といえば、やはり日本では除夜の鐘でしょうか。

では、コーリー先生の出身であるアメリカを含む英語圏ではどうでしょう?!

今日はコーリー先生からの記事をお届けしますね☆ ↓

——————

Happy New Year!

Here’s a bit of cultural trivia for you all:

“Should old acquaintances be forgotten,
And never brought to mind?
Should old acquaintances be forgotten,
And days of long ago !

For old long ago, my dear
For old long ago,
We will take a cup of kindness yet
For old long ago

– English translation of the first two verses of Auld Lang Syne, a Scottish song by Robert Burns.”

This is known as “The New Year’s Eve Song” in many English speaking countries. We play it after the clock hits midnight.

In Japan, you would recognize the melody as “The Closing Song” played at many shops, parks, and events when they finish.

-Looking forward to seeing you in The New Year,
Korey

——————

なんと日付が元日に変わるころ、日本でいう「蛍の光」をみんなで歌うんだそうです。

(” “で囲まれた部分は元はスコットランドの民謡「蛍の光」の英語歌詞です。)

コーリー先生は、この”The年末年始ソング”が日本では閉店間際のスーパーなどで毎日流れることに未だに慣れないと言っていましたよ(^.^)

ところ変われば?!な年末年始に関するtrivia(トリビア)でした!

 

西宮市城山のこども英会話 サミットハウス